一軒家

増えてきている害虫被害!南京虫駆除はプロに任せて一匹も残さずに

ベイト剤で効率良く

シロアリ

シロアリ駆除には、脱皮阻害剤を混ぜたベイト剤がよく使われています。設置しておけば、シロアリはこれを巣穴に持ち帰ります。すると巣穴の全てのシロアリが、脱皮できなくなり力尽きるのです。ただしベイト剤は、1〜2年おきに新しく設置する必要があります。また、シロアリの好まない環境に改善することも大事です。

もっと読む

数が少ないうちに

はと

鳩は羽休めをする場所に仲間を呼ぶので、数が増えないうちに駆除することが大事です。ヘビの玩具や光るCDなどを置いておくと、鳩はそれらに怯えて逃げていきます。これらを設置できない電線で羽休めをしている場合には、忌避剤を散布すれば駆除できます。また、電力会社に対処を求めることもひとつの手です。

もっと読む

生態と加熱による駆除

作業員

南京虫は体長が5ミリ程度であり、体は赤っぽい色をしています。動きは敏捷ですが、歩き回るだけで飛ぶことはできません。幼虫も成虫も人や動物の血液を吸血することで大きくなります。基本的には夜行性なので、昼間ではなく夜の間に活動を行います。20℃前後の室温でれば1年間も生き延びるのことができますが、寒さには弱い性質を持っています。南京虫が生息する場所としては狭い隙間などが多いです。ソファなどの家具の継ぎ目や畳の継ぎ目などが多いですし、建物全体の隙間に生息する傾向があります。人的被害をもたらす昆虫なので、南京虫を見つけたら南京虫駆除を徹底的にしましょう。殺虫剤を使って南京虫駆除をする場合は直接噴霧ではなく残留噴霧がおすすめです。

南京虫駆除では殺虫剤以外では加熱による駆除方法があります。たとえば、スチームクリーナーを用いた駆除はマットレスや床などの駆除が容易です。スチームの熱でしっかりと南京虫駆除を行いましょう。ただし、熱が弱い場合は死なないので、高温設定にしてから行うことです。熱に弱い家具にはスチーム処理は厳禁です。また、熱湯洗濯もかなり有効です。南京虫は生息場所を衣類に移す場合があります。衣類をすぐに洗濯機に入れずに何日も放置しておくと住み着くことがあります。そのような衣類は洗濯機で熱湯で洗濯すると死滅してしまいます。熱湯での洗濯ができない衣類であれば乾燥機で5分間程度加熱するといいでしょう。このように加熱による駆除方法もあります。また、個人で行う以外にも、プロがいる専門業者へ依頼してみるのもよい方法です。専門業者では、徹底的に南京虫駆除を行なってくれるため、駆除後は安心して生活をすることができます。さらに、再び発生した場合でも、無料で駆除を行なってくれるアフターサービスも実施している業者も数多くあるのです。依頼じゃなく相談だけでも対応してもらえるため、一度相談してみるとよいでしょう。

退治には2つのパターン

蜂の巣

蜂の巣は、必ずしも駆除する必要はありませんが、生活空間を脅かすような位置にある場合や、危険なスズメバチは駆除しておきたいところです。巣が大きい場合や危険な種類については、プロの任せましょう。近年では良心的な価格、保証サービスなどが充実した業者が見られますから、発見したら相談してみましょう。

もっと読む