数が少ないうちに|増えてきている害虫被害!南京虫駆除はプロに任せて一匹も残さずに
女性

増えてきている害虫被害!南京虫駆除はプロに任せて一匹も残さずに

数が少ないうちに

はと

ヘビの玩具や光で

鳩は、屋上やベランダの柵などで、よく羽休めをします。そして選んだ場所に仲間を呼び、その後は仲間と一緒にそこを利用するようになります。したがって鳩の駆除は、1羽が羽休めをしている段階でおこなうことが肝心と言えます。数が増えるにつれて、糞や騒音による被害が拡大することになり、その分駆除にも糞の清掃にも手間がかかるようになります。逆に言えば、数が少ないうちは、比較的スムーズに駆除や清掃ができるということです。駆除には、鳩にとって脅威となるヘビの玩具などを置いておくことが効果的です。また、まぶしく光るCDなどをぶら下げておくことも、有効な駆除方法とされています。鳩は臆病な鳥なので、ヘビはもちろん光を放つものを見かけた場合も、逃げていくのです。

電線で羽休めしている場合

ただし鳩は、個人宅の屋上やベランダだけでなく、電線でも羽休めをすることがあります。そしてその電線の付近に個人宅がある場合、糞や騒音による被害は、その個人宅で発生することになります。とはいえ、個人の所有物ではない電線にヘビの玩具やCDを設置するわけにはいきません。このような場合には、スプレータイプの忌避剤を使用すれば、駆除することができます。忌避剤は、鳩が嫌うミント系の香りがする成分で作られているので、散布することでやはり鳩は逃げていくことになるのです。電線の位置が高く、忌避剤をうまく散布できない場合には、その電線を設置している電力会社に相談すると、対処してもらえます。具体的には、駆除や電柱の移設などがおこなわれるのです。