退治には2つのパターン|増えてきている害虫被害!南京虫駆除はプロに任せて一匹も残さずに
女性

増えてきている害虫被害!南京虫駆除はプロに任せて一匹も残さずに

退治には2つのパターン

蜂の巣

ハチの習性を知ること

蜂の巣は大きくなればなるほど蜂の数も増えてくるものですから、小さいうちに発見しておくことが重要です。巣が小さい段階で存在を知っていれば、プロの業者に任せなくてもご自身で駆除することも十分に可能なものと言えます。日本の住宅街によく見られる蜂の巣は、ミツバチ、アシナガバチ、スズメバチの3種類であり、この順番で危険度が増すとされています。ミツバチやアシナガバチは、こちらから攻撃しない限り、向こうから仕掛けてくることはなく、害虫を食べてくれる特徴も持っています。居住空間に近い位置にある場合を除けば、駆除を必ずしも行う必要はないということを、知っておくと良いでしょう。一方で、スズメバチは攻撃性の強いハチで、近づいただけでも攻撃してくる可能性があり、刺されたら命に関わることもあります。蜂の巣がまだ小さく、かつ、防護服や殺虫剤などの駆除に必要な道具がある場合を除けば、プロの任せるのが賢明です。ご自身で行う場合には、スズメバチの習性や駆除の方法については、インターネットなどで正確な情報を知っておくことが重要となります。

プロの業者に

蜂の巣のうち、生活空間を脅かす位置にある巣や、危険なスズメバチの巣についてはプロの業者に任せるのが一般的となっています。自ら危険を冒して自力で退治するよりも、多少お金はかかったとしても安全に駆除できたほうが良いと判断する方が多いからです。また、お金がかかると言っても、最近では格安の駆除業者が現れ、危険なスズメバチの駆除に対しても、手頃な料金設定をしているところもたくさんあります。確実な蜂の巣退治を手頃な料金でしてもらえるとあれば、人気を集める理由として十分と言えるのではないでしょうか。加えて、近年ではアフターサービスとして、駆除後数ヶ月間の保証期間を設定しているような良心的な業者もいるようです。蜂の巣を発見した場合には、まず、プロの業者に対して、無料での見積もりや相談してみることをおすすめします。